文化交流
トピックス

着物を通して文化交流活動を~バリ島・語学学校 シキ・バリにて~

MATOUが着物文化の普及活動チームとして結成した2018年の夏
大阪出身の日本人女性、石踊千夏さんが経営する
インドネシア語、英語、日本語の語学学校「siki bali」にて
多国から渡尼されてる学生たちに着物文化をお伝えするため
日本の成人式を、着付けショーでお伝えしました。

女性の振袖着付けには蝶立矢という帯結びを披露しましたが
蝶はインドネシアでも縁起の良い生物らしく、kupu-kupuと呼ぶのだと教わりました。

男性には五つ紋付羽織袴の着付けを披露し、家紋の意味をお伝えしましたが、
インドネシアには王様がいて、王家の紋章があるのだということを教わりました。

そして、後半はお楽しみのゆかたの着方レッスンをしました。

男女に分かれてのレッスンでしたが、お互いの着方や帯結びの違いに興味津々でした。

若い学生たちはすぐに覚えるので、いつの間にかお互いに教え合って、写真を撮ったり見せ合いしたり
とても楽しそうでした。

教えてるつもりが教わることもあり、お伝えすると必ずリターンがありと、国籍超えて楽しみながら文化交流をさせていただきました。

オーナーである石踊千夏さんは、同じバリ島で国際保育園も経営されています。
今回のコロナがきっかけで経営の危機を向かえているご様子です。
クラウドファンディングをつのい、世界中の支援者がルマクチル保育園を応援しています。

MATOUも微力ながら、最後まで応援致します!
また、学生たち、子供たちの笑顔に会えますように。